スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

砂糖病 シュガー・ブルース 甘い麻薬の正体 

糖質制限人も本を読む。
美味しく、楽しい糖質制限を心掛ける糖質ポリスです。

ひさびさの更新でございます。(^_^;)

さて、表題の本がNyantareさんのブログ「お砂糖のないスイーツ」にて復刊希望としてひっそりとリンクされているのを発見し、図書館で借りて読んだのは昨年のいつ頃だったでしょう。

「病」「ブルース」「麻薬」といった、何ともおどろおどろしいキーワードが並んでいる不気味な書名ですが、歴史的背景を含めた砂糖についての知識が広がり非常にためになりました。

著者ウィリアム・ダフティはアメリカ人で、子供の頃から清涼飲料水をはじめとする砂糖まみれの食生活をしており、そのまま大人になって原因が特定できない幾つもの病に悩まされることになり、やがてマクロビオティックの提唱者である日本人、桜沢如一の考えに出会い、当初は砂糖の禁断症状に苦しめられながらも、やがてすっかり体が良くなり、健康的に痩せることもでき、めでたしめでたし。

、、、というエピソードからはじまり、そもそも砂糖とはなんぞや?を深く掘り下げ、人々を惹きつけて止まない甘味の魔力を利用せんがために、多くの国や人々がその利権をめぐって力戦奮闘し、砂糖生産のために多くの奴隷が犠牲となった世界史を振り返り、そして今も続く砂糖の利権を声高らかに書き綴っています。

わたしはマクロビオティックを始めようと考えているわけでもありません(今や玄米でも血糖値が上がる体でございます(^_^;)し、砂糖の利権に絡もうと企んでいるわけでもありません(そのようなコネも資本もございません(^_^;)が、この本の最後の章に紹介されている「自然料理法のすべて」という部分を除いて(・_・?)、非常に勉強になり、興味深く読むことが出来ました。

この本の中に、1973年にアメリカの上院委員会においてアメリカ医師会の食物・栄養評議会の代表医師らに「砂糖」と「炭水化物」を区別させようと試みた答弁が紹介されています。

その文章は非常にもどかしい内容で、上院議員の質問に対する答弁に立った3人の医師はいずれも、砂糖は炭水化物であって「砂糖」として特別に区別されるべきものではない旨を詭弁をもってのらりくらりと繰り返します。

この本での「砂糖」とは、このブログでいう「糖質(saccharides)」全てではなく「精製された炭水化物」のみを指しています。
砂糖黍や砂糖大根の絞り汁を精製して作られたいわゆる砂糖(シュガー)精白小麦粉精白米などのことで、精製せずに食べる野菜などに含まれている糖質は含まれていません。

糖質 ⊃ 砂糖

糖質 = 炭水化物 - 食物繊維

それでは、なぜ砂糖(シュガー)を炭水化物(カーボ)と区別することに対してこの医師達が抵抗したのかと言うと、それを区別されてはまずい立場の人たちからたっぷり鼻薬を嗅がされているからにほかなりません。

現在に至っても、なるほどと言えばなるほど、やはりと言えばやはり、アメリカ糖尿病協会は糖質(saccharides)コントロールではなく、炭水化物(カーボ)コントロールなどと真の注意物質をぼかす表現を用いています。

炭水化物(カーボ)をカウントして、そのうち一定以上の食物繊維(ダイエタリーファイバー)を含んでいるものだけはそれを減算するという不自然かつ安本丹な計算をするに至った理由は、前述の医師達に対するものと同種の力が働いているからにほかならないでしょう。

そのとは有能な食品ロビイストを雇って利権を守る必要のある利益団体であり、砂糖(シュガー)の場合は当然ながらその利益団体です。

この本の日本語版は1979年に初版され、現在は絶版となっています。
アマゾンで中古を入手することができますが、なんとプレミア価格となっており手が出ません。(^_^;)

ぜひとも、みんなの復刊!させませんか!


ぜひとも 復刊! ← ポチッ ↑ にて復刊リクエスト投票をお願いいたしますです。m(__)m


ちなみにこの本は、ドクター江部も高雄病院で糖質制限食を開始する際に参考にされた一冊としてブログで紹介されています。


糖質ポリス
ポチッ!
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
 にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ



スポンサーサイト

[ 2009/06/01 16:21 ] 四方山話 | TB(0) | CM(9)
そうなんですか~。

てっきり、アメリカには糖質にあたる言葉がないからカーボでまとめられてるんだと思ってました。

高い!6000円以上ですか・・・
[ 2009/06/01 17:01 ] チョイマルオヤジ [ 編集 ]
チョイマルオヤジさん  お久しぶりです(^^)/

saccharideはサッカリドだけでなくサッカライドとカナ表記されることもあるようで、さらに糖質を差してglucideグルサイドとの言い方もあるようです。

日本でも砂糖は脳に必要だという主旨のCMを見た記憶がありますが、アメリカ砂糖協会もそのような活動を積極的に行っているようです。

アメリカ砂糖協会の活動紹介
http://sugar.lin.go.jp/japan/view/jv_0209a.htm

砂糖を肯定できる結論を得るために莫大な費用を費やしているようです。
研究者もスポンサーに貢献しないと給料もらえませんからね。(^_^;)
[ 2009/06/01 17:20 ] 糖質ポリス [ 編集 ]
恐縮なんですが
ちょっと質問させてください。

ベーキングパウダーや重曹
などの代用品として利用可能な
低糖質な代用品なんてあるのでしょうか?
自作で作り始めたのですが
なにせ素人なもので
四苦八苦しながらやっています。
お知恵をお貸し頂ければ幸いです。
[ 2009/06/01 20:44 ] MAMORU [ 編集 ]
1週間まえ検索したら・やっぱり6000円で1冊出てました。

そんなに人気があるなら復刊しても採算が合うんじゃないかと思ってしまった(@_@;)
やっぱ素人の考えですかねぇ
[ 2009/06/01 22:35 ] アザミ [ 編集 ]
高炭水化物は血糖値を上げないとか、甘いものの替わりにタバコを吸おう(タバコは肺がんの原因ではない)とか、マクロビの教祖様を高く評価していて、東洋(=日本らしい)では生の魚を食事の始めに食べるのが伝統的とか、胃潰瘍の大きな原因は砂糖であるとか、虫歯についても砂糖によりホルモンが異常になることから引きおこされるという珍説を取りあげています。これ以外にも多くのトンデモな説が満載です。

正しくは「(GI値により程度は変わりますが、一般的には)高炭水化物食は血糖値を上げる(従ってマクロビは糖尿病には良くない)」、「タバコは糖分が含まれるか否かに関係なく肺がんの主要な要因」、「生魚を食事の始めに食べる伝統的な習慣が日本に存在するというのは聞いたことがありません(私が無知なだけ?)」、「胃潰瘍や胃がんの主要な原因はピロリ菌である」、「虫歯は虫歯菌の伝染による感染症であり除菌すると砂糖を食べても虫歯にはなりません。もちろん、ほとんどすべてのひとが感染者ですから、虫歯菌の好物である砂糖は主要な原因の一つです」。

卵も肉も魚も禁止して玄米・カボチャ・小豆・大豆が中心の高炭水化物食が健康に良いとするマクロビはある種の宗教であって、科学的医学的な根拠がほとんどないように思えますがいかがでしょうか。(どらねこさんのブログ「どらねこ日誌」にこの辺は非常に詳しいです。)

でも歴史的な事柄を述べている部分は非常に参考になります。201ページ以降にある記述は以前に引用したNutrition Wonderlandの「Truvia and PureVia - A Window to the Past or the Future?」に出てくるHarvey Wiley氏のエピソードの拡大版で、ものすごく面白く貴重です。コカ・コーラの話も最高に面白いですから、この部分だけでも読むと良いですね。(なお、カフェイン、リン酸、糖類が満載の清涼飲料水が公衆衛生上いかに悪影響をもった飲み物かという点では、私も同意見です。でも、お酢の主成分である「酢酸」が有害とか書いてあって「それって本当?」と思わず検索して調べてしまいました。酢酸は脳も含めて筋肉などの細胞が直接エネルギー源として使える物質だそうです。有害とは思えませんね。ただし代謝の過程はどうなのか?)

あと、まだ詳しく調べていないので断言はできないのですが、科学(生化学、有機化学、分子生物学など)の立場からは、ほぼ、
 炭水化物(含水炭素) = 糖類 = 糖質
が自然な考え方であるようです。

なぜかというと、食物繊維(例えばセルロース)は単糖が多数結合したものですから多糖類に属すると考えるのがもっともらしいからです。デンプンなどとの違いは、その構造のみとするわけです。しかし、ヒトの代謝の可能性から言葉を定義する栄養学の立場では、便宜的に糖質=炭水化物-食物繊維と定義しています。(ヒトでなく草食動物の立場からはセルロースは消化吸収代謝できる栄養素ですよね。たぶん栄養学は人間中心主義の学問です。これは便宜的な区分で、より一般的には、細菌によって単糖に分解され得る食物繊維が多糖類でない、とはいい難いのでは?この辺に詳しい専門の学者に話を聞きたいですね。)

こちらの立場では、糖質を実効的炭水化物(実質的な糖質) effective carbohydrateと呼んで区別するようです。つまり、炭水化物のヒトに代謝されてカロリーや血糖に化ける(=効果をもつ)部分という意味です。

復刊には、私も賛成ですが、例の清涼飲料水の巨大企業が裏で邪魔をしているのでは、という気もします。
[ 2009/06/02 00:21 ] tomo [ 編集 ]
MAMORUさん  こんにちは(^^)/

ベーキングパウダーや重曹の代用品とのことですが、何に使われるのでしょうか。
ケーキなどでしたら、一食分のベーキングパウダーの糖質は心配に値するものではありません。
それよりもはるかに多い量の糖質を、主原料である何らかの粉から摂取することになりますので、例えば一食分にベーキングパウダーを3g使ったとしても、その糖質は1g未満で、血糖に影響を及ぼすほどの量ではありません。

どうしてもその1gを切り詰めたいということであれば、卵白をホイップしてメレンゲにし、それに材料を混ぜて焼くなどすればフンワリと仕上げることができると思います。

参考になりますでしょうか。
[ 2009/06/02 17:33 ] 糖質ポリス [ 編集 ]
アザミさん  こんにちは(^^)/

アマゾンの中古は数ヶ月前は一万円ぐらいだったのですが、売れないのかだんだん値下がってはきています。
もっと売れないと、もっと下がるかもしれません、、、(^_^;)

復刊のリンク先は「復刊ドットコム」というサイトです。
復刊希望者の要望をまとめ、版権者などと交渉し、できれば復刊までこぎつけるというシステムのサイトです。
http://www.fukkan.com/fk/list

サイトへのリクエスト投票や、このようなブログでの紹介がその後押しをすることになります。
[ 2009/06/02 17:42 ] 糖質ポリス [ 編集 ]
tomoさん  こんにちは(^^)/

おっしゃる通りで、この本にはわたしも首をかしげた引用はいくつかありました。
とはいえ読んでおわかりの通り、30年以上前(1975年)に書かれた、砂糖の暗黒史とその危険を啓発し、自らのマクロビオティック体験を人にも推奨する本であります。
そう、決して「糖尿病対策」の本ではありません。(^_^;)

記事中にも書きましたが、個人的にはマクロビオティックを始めようとは思っていませんし、ましてや熱心にそれを行っている人に水をさそうなどとは露ほどにも思っていません。

糖尿人であってもそうでない人も、巷にあふれかえっている「砂糖(精製された炭水化物)」について知識を広げる意味で「多くの人が読むに値する内容」であるとわたしは思います。

糖類については「栄養表示による分類」と「化学的分類」という2種類の分類があって、「化学的」には「多糖類」に分類されるものであっても、ヒトの消化酵素では分解されず、消化管内で微生物が分解し利用される糖類は、「栄養表示」ではその機能的な理由から「食物繊維」に分類されているようです。

余談ですが「生の魚を食事の始めに食べる」については、ご本人または親しい友人などが日本を訪れた際に、伝統的な日本料理の店として懐石料理屋か何かで食事をしたのではないかと空想します。
料理屋の懐石料理ではご飯やみそ汁はあと回しにして、まずは「八寸(酒の肴)」が出ますよね。
海のものと山のものをちょこちょこっと盛りつける習慣があり、海のものは「なまぐさもの」などと言って刺し身や魚卵などの「なまもの」を、節約主義者の仕業としか思えない微量があしらわれています。
そんな料理を食した記憶の中で、当時のアメリカでは非常にトンデモだったロウ フィッシュが猛烈に印象に残り、トラディッショナル ジャパニーズ ディナーでは、、、となったのではないかと、、、ま、そんな妄想を、、、(^^)
[ 2009/06/02 18:26 ] 糖質ポリス [ 編集 ]
糖質ポリスさん
情報ありがとうございます。
おもにスイーツに利用する予定です。
主な粉はおからパウダーを利用してます。早速メレンゲ活用してみたいとおもいます。
[ 2009/06/02 18:31 ] MAMORU [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

糖質ポリス

Author:糖質ポリス
メタボと生活習慣病が気になるお年頃。運動と食事だけで血糖値をコントロールする2型糖尿病の糖質ポリスが、自らのメタボ&糖尿病の対策を通して実際に効果があった食事メニュー・食材・運動方法などを紹介します。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ

人気ブログランキングへ
ブログ内検索
糖質ポリスのおすすめ本!




お す す め !

エアロバイクは有酸素運動に最適!








萬寿のしずく

体の調子が良い気がする!






プチ自慢!
0.01g単位で計れるスケール



メールフォーム

糖質制限メニューなどについての

ご質問はコメント欄よりお願いします


名前:
メール:
件名:
本文:

これは便利なネットショップ!

実際にサイズが合わなかった靴を
無料で返品・交換してもらいました!















液晶パネルは国産ナナオで決まり!






エアコンマット SOYO







ドイツ製圧力鍋が安い!







時々オールフリーが100円/缶の時がある






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。