スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

芋から作る - 手作りコンニャク(芋は作ってないよ(^^;)  

糖質制限人は手作りすることで食生活が豊かに。
美味しく、楽しい糖質制限を心掛ける糖質ポリスです。

今回の紹介メニューは「手作りコンニャク」であります。
糖質:ほんのちょびっと

手作りコンニャク


出来上がりは、ご覧のとおりのゴツゴツぶり。(^^;)
出汁がよく染みるのです。



手作りコンニャク


皮をむいて4分の1に切ったうちの2つで447g。
すぐに作れそうになかったので、冷凍しておいたのを解凍して使いました。



手作りコンニャク


芋をおろしがねですりおろして水に入れ、火をつけてマゼマゼ。。。



手作りコンニャク


ひたすらマゼマゼ。。。



手作りコンニャク


ニガリを投入し、素早くかき混ぜるのであります。



手作りコンニャク


型に伸ばして、、、



手作りコンニャク


ほどよいサイズに切って、アク抜きのため小一時間煮ます。

煮あがったところでお湯を切って、新しい水につけて冷蔵庫に余裕で2週間は保存できます。


これがですね、歯ごたえがあってなかなか美味しいんですよ。
キメが粗いってことが原因なのか、おでんにしても味がよくしみます。

いつもは、こんにゃく粉から作っていたのですが、芋から作った方が美味しいですね。

こんにゃく粉から作ったものでも、市販のよりは格段に美味しいっちゃあ、美味しいのですが、、、(^^)

また、こんにゃく芋を手に入れて作ってみようと思いますです。



さて、本年は、更新が滞り気味のブログにおつきあいいただきまして、
ありがとうございました

よいお年をお迎えくださいまし。m(__)m



糖質ポリス
ポチッ!
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ


スポンサーサイト

炭水化物ダイエットと糖質制限食についての誤解 

炭水化物ダイエット」「低炭水化物」といったキーワードでネットを検索すると、様々なダイエット情報が踊っています。
その中には首をかしげたくなるものもしばしば。

今日は、そんな誤解・誤情報についてちょいっと書いてみるか気分の糖質ポリスです。

さて、まず最初にはっきりしておかないといけないのは「炭水化物って何?」ということです。これは基本中の基本ですね。

炭水化物 = 食物繊維 + 糖質

細かいことは「Wikipedia 炭水化物」におまかせするとして、栄養学や化学の素人である我々は、「炭水化物」は「食物繊維」+「糖質」と記憶しましょう。

で、いまの日本はカロリー計算ばかり熱心な栄養学に偏っているわけですが、この栄養学において人間の体で消化・吸収されない食物繊維のカロリーはゼロとなります。
コンニャクや寒天などが食物繊維の多い食品の代表格ですね。

つまり、カロリー計算をするうえでは「食物繊維」は無視できることから、「炭水化物」=「糖質」となるのでございます。

では、人間にとって「食物繊維」が何の足しにもならないのかというとそうではなくて、大腸の動きを活発にする大腸菌さん達が食物繊維を大好きなのだそうで、大腸菌さん達が元気に活躍すると便秘も解消され、デトックスだの、お肌が綺麗にだのと、食物繊維の多い食品を食べると良いことがあるぞとされております。です。はい。

この、カロリー偏重での「炭水化物」=「糖質」の発想が誤解の原因

厳格に「炭水化物」を摂らない食生活を行うとすれば、「糖質」と共に「食物繊維」も控えるわけですから、体に良いわけありません。
控えるべきは「炭水化物」全体ではなく、その中の「糖質」なのであります。

ダイエットが主たる目的ではありませんが、「糖質」の摂取に着目しているのが「糖質制限食」
「炭水化物ダイエット」を「インスリンダイエット」と言い換えることがある通り、肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの分泌を抑制すれば、結果として痩せる効果もあるのです。

インスリンが追加分泌されるのは「糖質」を摂った時。
放っておいたら血糖値があがり過ぎるので、急遽インスリンを分泌するわけです。
よって「糖質」を避ければ大量のインスリン(肥満ホルモン)が追加分泌されることはない
=太らないのです。

ま、今日はこんなところで終わりにしとこ。(^_-)


糖質ポリス
ポチッ!
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

肥満しやすい体質は変えられるのか! 

以前は、「さぬきうどん」や「パスタ」が大好きだった糖質ポリスです。

私って水を飲んでも太っちゃうのぉ~」なんて自信満々の発表を聞いた時。
ケーキは別腹とちゃうで」とか「あんたのチョットは世間の大盛り」とか「意識失って冷蔵庫に頭突っ込んで寝てるんとちゃうの」といったツッコミを飲み込んで、「へぇー、たいへんやなぁ」なんて空返事をされたことはありませんか。
水だけで太る」との発言が社会通念上不適切であることは誰もが感じるところです。

とは言え、ご当人が「私は人一倍太りやすい」と感じているのに間違いはないようです。
さて、本当に「太りやすい体質」の人は存在するのでしょうか。
ハイ存在します。かつてのわたしがそうであったのですから間違いありません。

太る理由は「カロリー過多」だと思っていませんか?
しかし、同じカロリーを食べてもその内容によって太るかどうかは決まるのです。
「オマエに言われんでも脂(アブラ)が太るのは知ってんねん」なんて声が聞こえて来そうですね。

しかし、問題は脂(アブラ)ではありません。
糖質です。


一日に必要なカロリー身長と普段の活動量を元に計算されます。
キーワード「一日に必要なカロリー」でネットを検索すると、自動計算してくれるサイトが幾つもありますので、ご自身の必要な(適切な)カロリーをご存知ない方はぜひこの機会に計算してください。
わたしの場合、176cmで平日は軽度な活動ですので、一日に必要なカロリーは1702~2043kcalです。まぁ、中をとって1850kcalと考えておきましょうか。

一般的な「うどん」一人前(ゆで麺250g・出汁400g - いわゆる「かけうどん」)の総カロリーは438kcal、糖質はおよそ86g程度ですね。
カロリーだけで考えれば、わたしは1日に4杯と少々食べても太らない計算です。

かけうどん1人前当たり
エネルギー438Kcal
たんぱく質15.3g
脂質1.0g
炭水化物糖質85.8g
食物繊維3.0g
灰分4.5g
<参考>食品成分データベース ほか

流石に「かけうどん」に含まれる脂質(アブラ)はほんのわずか。

さて、和牛ステーキ100g(サーロイン脂身つき+塩+コショウ)のカロリーは507Kcal、脂質(アブラ)はけっこうありますが糖質はほとんど含まれていません。
カロリーだけで考えれば1日に3枚半以上食べても太らない計算です。

ステーキ100g当たり
エネルギー507Kcal
たんぱく質12.0g
脂質47.7g
炭水化物糖質1.9g
食物繊維
灰分2.1g
<参考>食品成分データベース ほか

さて、この「うどん」と「ステーキ」。
どちらが太りやすいと思いますか?


カロリーが高い「ステーキ」。
脂(アブラ)が50倍近く多い「ステーキ」。
ウ~ン、今までの常識では、圧倒的に「ステーキ」が太りそうでしょ?


しかし、実際には「うどん」のような糖質の高いものを食べることで、太りやすい体質に・な・り・や・す・い・のです。
これは勿論「うどん」を食べると、たちまちに太るということではありません。

今後も簡潔に要点を書きたいと思いますが、そこを掘り下げると一冊の本が書けるものの、わたしのような医学の素人が書いたところで説得力がありません。
詳しいメカニズムを知りたい方は下記の書籍を参考にしてください。

▼やさしい言葉で糖質制限を医学的に解説
 主食を抜けば糖尿病は良くなる!糖質制限食のすすめ
 主食を抜けば糖尿病は良くなる! 実践編
▼もっと過激な糖質ゼロ食・理論解説は秀逸
 医者に頼らない! 糖尿病の新常識・糖質ゼロの食事術 かまいけ式でスローエイジング!
▲いずれも糖質制限を実践する医者の著書です


糖質ポリス
ポチッ!
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

カロリー制限からの脱却 

本日現在、身長176cm / 体重61.2kg / 体脂肪率13.5% / BMI 19.76 の糖質ポリスです。

思い起こせばあれは昨年の3月。
身長176cm / 体重72kg ぐらいのうららかな春の出来事でした。
健康診断の結果、なんと「糖尿病」というショッキングな病がこの身をむしばんでいることが発覚したのです。

当時、体脂肪率22% / BMI23.24 と、決して太っていたわけではありません。
しかし、確かにお腹の回りは85cmを越えていましたなぁ。(^_^;)

さて、この「BMI」ってご存知ですか?
体重÷身長(m)2 で計算できる肥満率のことです。
肥満率でネットを検索すると自動計算してくれるサイトも見つかりますので、身長と体重さえ知っていれば直ぐに知ることができます。

同様に、身長に対する標準体重の計算式は、身長(m)x身長(m)x22 です。
わたしの176cmの標準体重が68kg程度ですから、今の61.2kgは少し痩せていて、以前の72kgは決して問題視するべき肥満ではないものの、ほんの少し太り気味だったことになるわけですね。

つまり、肥満でないからと決して安心していてはいけないっちゅうことなんです。

で、昨年の秋ごろまでには現在の体重に落としました。
運動によってまず体脂肪率を落とし、同時にカロリー制限で体重を落としました。
なぜなら、そうすることが糖尿病患者にとって最善の策だということが日本糖尿病学会をはじめ一般的に言われているからです。

しかし今から考えれば、カロリーを制限する必要は全くありませんでした。
何しろその方法を知った冬以降は、カロリーなど意識することなくバクバク食べて、現在の体重を維持しています。

その方法とは糖質を制限することです!(^○^)

決して宗教や、健康食品の世界への勧誘なんて怪しげな話しではありません。
日常の食事の中で糖質を制限するだけで、スリムな体型と健康を手に入れることができるのです。

糖質って何?

糖質制限についてはあらためて記しますが、自ら糖尿病であるドクターが書かれた下記の本に非常に詳しく書かれています。
糖尿病やその予備軍の方だけでなく、ほどよくスリムな体型を望んでらっしゃる方にもオススメです!



糖質ポリス
ポチッ!
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

迷信・誤った知識であなたは太る 

はじめまして。糖質ポリスです。m(__)m

2008年4月。
ついに特定健診(特定健康診査)・特定保健指導なんてもんがはじまっちゃいましたなぁ。
メタボ健診」なぁんて呼ばれて、40歳以上は必ず受けろとというあれですよ、あれ。
かくいうわたしも、このメタボ健診の立派な対象者。

メタボリックシンドロームの詳細な定義は Wikipedia にゆずるとして、このメタボが目の敵にされるのにはそれなりの理由があるんです。

いえねぇ、恥ずかしながらこのわたくし、メタボ健診の始まる一年前に自ら受けた健康診断で糖尿病の診断を下されまして、その時には「もうお先真っ暗やぁ~」と落ち込んだものです。(^_^;)
その糖尿病対策としてもメタボ健診が必要とされているわけです。
何しろ内臓肥満、高血糖、高血圧、高脂血症は死の四重奏なんてロマンチックなこと言われちゃって、これを減らさないと健康保険がパンクするらしいですからね。

ということで、立派に糖尿人デビューを果たした糖質ポリスが、糖尿人になってみて初めて知ったその知識を、みなさまにお伝えしようという主旨であります!(^○^)
わたしのお先は真っ暗じゃありません!
糖尿人になったおかげで、以前よりかなり健康になったぐらいです!

迷える子豚ちゃん達を翻弄する迷信が巷に溢れすぎでっせ。いやホンマ。


糖質ポリス
ポチッ!
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

プロフィール

糖質ポリス

Author:糖質ポリス
メタボと生活習慣病が気になるお年頃。運動と食事だけで血糖値をコントロールする2型糖尿病の糖質ポリスが、自らのメタボ&糖尿病の対策を通して実際に効果があった食事メニュー・食材・運動方法などを紹介します。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ

人気ブログランキングへ
ブログ内検索
糖質ポリスのおすすめ本!




お す す め !

エアロバイクは有酸素運動に最適!








萬寿のしずく

体の調子が良い気がする!






プチ自慢!
0.01g単位で計れるスケール



メールフォーム

糖質制限メニューなどについての

ご質問はコメント欄よりお願いします


名前:
メール:
件名:
本文:

これは便利なネットショップ!

実際にサイズが合わなかった靴を
無料で返品・交換してもらいました!















液晶パネルは国産ナナオで決まり!






エアコンマット SOYO







ドイツ製圧力鍋が安い!







時々オールフリーが100円/缶の時がある






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。